メルヘンチックに愛を奏でたかと思えば、突如としてダークサイドから世界をせせら笑う変幻自在の次世代ラッパー。「アートで食える」モデルケースをつくるために、クラウドファンディングやサブスク配信をいち早く取り入れその手法を公開するなど、Z世代セルフプロデュースラッパーのアイコン的存在でもある。

Slider

Tok10インタビュー記事がでました!

Media
【PERSONAL FILE】Rapper Tok10 言葉のアーティストが見据える未来 | Culture University TOKYO
Sound CloudやYouTubeでの総再生回数は200万回を超え、今注目の次世代ラッパーTok10 。ラブソングからハードトラップまで幅広いジャンルの楽曲を唄いこなす。そんな彼に今回、ラッパーになったきっかけから、楽曲制作の流れ、日本におけるアート軽視の現状、ラップ・HIP HOPシーンに対する思い、カルチャーの...

コメント

タイトルとURLをコピーしました