tokio

Profile

メルヘンチックに愛を奏でたかと思えば、突如としてダークサイドから世界をせせら笑う変幻自在のZ世代ラッパー。従来のヒップホップの枠組みを超えるマルチな才能でSound CloudやYouTubeの楽曲総再生回数は1500万回を超える若手セルフプロデュースラッパーのアイコン的存在である。2020年に発売されたアルバム「”10″ the number of dreams」 はiTunes Store ヒップホップ/ラップ トップアルバム で 日本第3位にチャートイン。高校時代よりLGBTQ+への理解啓蒙のための映像作品を手掛けたり、「アートで食えるモデルケース」をつくるためにクラウドファンディングを行い音楽マネタイズの手法を公開するなど、アートと社会のあり方に常に高い意識を持つ社会派ラッパーとしての側面も持つ。

Tok10(トキオ)にとって、ラップは、「根源的で人間的なものを表現する総合アート」だ。彼にとってのラップは、第一にリズム楽器、ただし、ボイスパーカーッションやドラムなどとは異なり、リズムに言葉の意味を直接的に込めることができる表現形式である。

一般にラップというと、アンダーグラウンドかつ反社会的なイメージ、あるいはセルフボースティング(自慢)やバトルによるディスり合いといったイメージが強いが、Tok10の目に映るラップの魅力は、もう少し根源的な人間の在り方に関わっている。それは、他の表現形態では伝えることが難しい、「生き物としての心臓の鼓動(リズム)+人間を人間足らしめている言語(ことば)」のコラボによる複合的な表現である。

Tok10がトラックにのせて語るrhyme(韻)はそのままrhythm(リズム)へとつながっている。時にメロウに、時にポップに、時に激しく、時に哀しく。

Welcome to Tok10’s world !

Tok10 SNSリンク:

Tok10 lit.link(リットリンク)
アーティスト / ラッパー、メロディアスに愛を奏でたかと思えば、突如としてダークサイドから世界をせせら笑う変幻自在のZ世代ラッパー。音楽マネタイズの手法を公開するなど若手セルフプロデュースラッパーのアイコン的存在。 、SNS、Youtube、ブログ、商品、HPなど、いま見て欲しいリンクを、まとめてシェア

Tok10インタビュー記事:

Spinnup アーティストインタビュー:Tok10 | Spinnup
Tok10にTOWER DOORSから6つの質問  カラフルなヒップホップ・サウンドと甘美なフロウで魅了するDIYラッパー/アーティスト | Mikiki
こんにちは、TOWER DOORSスタッフです。TOWER DOORSが注目する新人アーティストの魅力にメール・インタビューから迫る企画〈6つの質問〉。いままで質問に答えてくれたアーティストの楽曲は下記...
https://cultureuniversitytokyo.com/2020/05/09/%E3%80%90personal-file%E3%80%91tok10/

Tok10インタビュー動画:

タイトルとURLをコピーしました