メルヘンチックに愛を奏でたかと思えば、突如としてダークサイドから世界をせせら笑う変幻自在の次世代ラッパー。「アートで食える」モデルケースをつくるために、クラウドファンディングやサブスク配信をいち早く取り入れその手法を公開するなど、Z世代セルフプロデュースラッパーのアイコン的存在でもある。

Slider

コメント

タイトルとURLをコピーしました